サイディングの横目地(継ぎ目)をコーキングで埋めない理由|木更津市の外壁塗装専門店キリンテック

皆さま こんにちは!

木更津市の外壁塗装専門店 キリンテックです!

今回はサイディングのコーキングについてです。

コーキングとは、サイディング外壁であれば壁と壁の継ぎ目(隙間)に充填されているゴムのようなもので、シーリングと呼ばれることもあります。

サイディング外壁やALC外壁などは、パネルを張り合わせて仕上げる外壁なので、そのパネル同士の間に隙間ができてしまいます。
その隙間を埋めるために使用されているのがコーキングという材料です。


コーキングは外壁同士の隙間だけでなく、窓、玄関まわり、サッシまわりやベランダなどにも使用されています。
また、内装も同様に、お風呂のタイルや洗面台と壁面の隙間にも使われています。このように、実はコーキングは家のいたるところに使用されている材料なのです。

このコーキングの役割ですが

水が建物内部に浸入することを防ぐ

揺れに対する負荷を緩和する

大きく言うとこの2点になります。

非常に重要な役割を持っていますがこのコーキング剤の寿命が種類にもよりますが5~10年で傷みはじめます。

紫外線や風雨により寿命を迎えると、弾力性が失われひび割れ、破断、などの劣化が発生します。防水性が低下することはもちろん、建物へかかる揺れの負荷を緩和する機能も低下します。

コーキングの補修は、屋根や外壁のメンテナンスをするのと同じタイミングでおこないましょう。

理由としては、屋根や外壁のメンテナンスでは、足場を家の周りに架けますが、コーキング補修も高い位置での作業なので足場を架ける必要があるためです。

後、縦目地は打ち替え、増し打ち等致しますが(サイデイング縦張りの場合)

サイディングの横目地は相じゃくり(あいじゃくり)と呼ばれる凸凹形状ではめ込まれて施工されているため、もともと浸水しにくい構造になっています。

 

そのため、塗装時に横目地にはシーリング処理は基本的にいたしません。してしまうと、空気や雨の抜け道を塞ぐことになります。

想像以上に重要なコーキング1度点検してみてはいかがでしょう?

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

内容ついて気になることがあれば、
何なりとお問い合わせください!

 

お問い合わせはこちら

電話番号:0120-81-1152