外壁塗装・屋根塗装の際、足場は必要なのか? | 木更津市の外壁塗装専門店 キリンテック

 

皆さま こんにちは!

木更津市の外壁塗装専門店 キリンテックです!

スタッフの村川です。

 

家の屋根や外壁の塗装を考え、見積もりをもらった時に、「思ったより金額が高い」「足場費用が高いから足場なしで塗装してくれないかな」と思ったことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

今回は外壁塗装・屋根塗装の際、足場は必要なのか?

足場の必要性について書いていきます。

 

外壁塗装・屋根塗装の際、足場は必要なのか?

結論として、足場は必要です!

外壁塗装・屋根塗装の際、足場が必要な理由として、大きく4つの理由があります。

 

足場が必要な理由

 

 

 1.職人の安全を守るため

 2.隣人トラブルを防ぐため

 3.労働安全衛生法で定められているため

 4.塗装の仕上がりに左右する

 

 

 

1.職人の安全を守るため

屋根塗装や外壁の2階部分を塗装する際、高所での作業が必須となります。足場なしで作業してしまうと「屋根の勾配で足を滑らせる」「突発的な強風で体勢を崩す」など落下事故・大怪我につながります。

足場を架ける際メッシュシートを張るのですが、この足場とメッシュシートが職人の落下を防ぐ役割を担っています。

 

2.隣人トラブルを防ぐため

屋根塗装・外壁塗装の施工時、塗装前には屋根や外壁を高圧洗浄で洗浄します。また外壁の塗装時はどうしても塗料が周囲に飛んでしまいます。

足場がないと、洗浄時の水飛沫、塗料の飛び散りで近隣の敷地内を汚してしまい、隣人トラブルが発生してしまいます。

このようなトラブルを防ぐために、足場を設置することでメッシュシートが近隣への飛沫、塗料の飛び散りを防いでくれます

 

3.労働安全衛生法で定められているため

国が定めた労働安全衛生規則では第518条1項で「事業者は、高さが2メートル以上の箇所(作業床の端、開口部等を除く。) で作業を行なう場合において墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのあるときは、足場を組み立てる等の方法により作業床を設けなければならない。」とされており、

戸建の場合、平屋であっても外壁は2m以上になります。なので2階建ての外壁塗装では、職人の安全を守るために足場は必ず設置しなければならないということです。

 

4.塗装の仕上がりに左右する

足場がないと職人が作業に集中しづらい環境になってしまいます。どれほど技術のある職人でも集中できないと仕上がりに差ができてしまいます。

また、足場がないと届かない箇所の塗装にムラができてしまい、最終的に建物全体の美観性が損なわれる可能性があります。

 

 

以上が足場設置が必要な理由です。

「足場が必要なのはわかったけど、やっぱり費用が・・・。」と思っている方へ

 

少しでも、足場の費用を抑える方法をご紹介です。

 

 

・外壁塗装と屋根塗装を同時に行う

外壁塗装のみ・屋根塗装のみの場合も足場の設置は必要です。外壁塗装、屋根塗装どちらか一方だけの塗装だと長期的にみると余分な費用を払ってしまっています。

足場は一度の工事で約10~20万円掛かります。外壁塗装と屋根塗装を同時に行えば一回分の費用で済みますが、別々に行ってしまうと足場代は2倍の費用が掛かります

数年後にもう一方の塗装を行うのでしたら、同時に塗装することで足場の設置は1回で済みます。

 

・キャンペーン特典を利用する

キリンテックでは、時々お得に施行できるキャンペーンを実施しています。

 

[過去のキャンペーン特典例]

足場代半額

総工費から5%OFF

※現在は実施していません。

 

このようにキャンペーン実施期間中に施行することで、費用を抑えお得に塗装することができるので、ぜひチラシをチェックしてみてください!

木更津・君津・袖ヶ浦の外壁塗装・屋根塗装ならキリンテックにお任せください!

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

内容ついて気になることがあれば、
何なりとお問い合わせください!

 

お問い合わせはこちら

電話番号:0120-81-1152